050Plusを使ってみたけど音質が悪すぎで格安SIMを契約した

050Plusを使ってみたけど音質が悪すぎで格安SIMを契約した

050Plusで必要な基本料・通話料

050plusの音質

 

050Plusでかかる費用
月額基本料 300円
初期費用   0円
留守番電話・転送 0円

 

国内の固定電話 8円/3分
国内の携帯電話 17円/1分
050Plus以外の050番 8円/3分
PHSへの電話  11円/1分
国際電話     
ユーザ同士の通話 無料

 

留守番電話機能 無料

 

 

無料通話できる050番
050-3300-××××~050-3849-××××
050-3900-××××~050-3901-××××
050-5000-××××~050-5003-××××
050-8600-××××~050-8601-××××
050-7300-××××~050-7303-××××
050-7500-××××~050-7625-××××
050-2403-××××
050-5540-××××~050-5569-××××

 

 

申し込み方法

申し込みに必要なものは、

  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号(本人確認のためでどの電話番号でも構わない)

 

 

支払いはクレジットカードのみですので、クレジットカード必須です。
また登録時に住所とメールアドレスの入力、電話による本人確認が必要です。

 

月額基本料は、加入月とその翌月まで無料になります。
ですので翌月までに解約すれば通話代のみで費用はかかりません。
3ヶ月目以降は、使用していてもいなくても月額300円が必要です。

 

 

使える端末

050Plusは少し特殊な通信言語(プロトコル)を使っているので、Smartalkのように自分の好きなアプリで掛けるということは難しいです。
しかし使い安いアプリでAndroid、iPhoneなどのスマートフォン、windowsでも使えるソフトがありますので、ほとんどの方には不便はないでしょう。

 

アプリはそれぞれに用意されています。

  • Windows ソフト050Plus
  • Android アプリ名050Plus
  • iPhone  アプリ名050Plus

 

 

2個目のIP電話に050Plusを試した理由

 

050番サービスはいくつもありますが、私は二番目にこの050Plusを契約しました。

 

そのポイントは

  • 加入した翌月までは基本料300円がかかならない
  • 固定電話への電話がSmartalkと比べて8円/3分と非常に安い
  • 携帯への電話代はSmartalkと同じ
  • 初期費用・解約手数料などが一切かからないこと

 

 

IP電話を試す時まず迷ったのが、この050PlusとIP-Phone(Smartalk)をどちらにするかでした。
月額費用が高い気がしたので、まずSmartalkを試しましたが、固定電話への通話が非常に高い(携帯と同じ)なのと、Smartalkの音質がいまいちだったため、こちらも契約してみました。

 

ただし最初の2ヶ月は300円の基本料がかからないので損する心配ありません。

 

Smartalkと比べたデメリット

使わなくても毎月300円の基本料がかかる
かけてからベルが鳴るまでの時間が長い(Smartalkと比べて4秒程度遅い)

 

Smartalkと比べたメリット

固定電話への通話料が非常に安い
電話番号の下4桁が自由に選べる

 

 

ヘルプ(Q&A)の抜粋

110番、119番の緊急通話、3桁番号サービスにかけることができない 
0120フリーダイヤルには掛けられる
留守番電話を無料で使える
解約は、マイページから(無料)
機種変更しても同じ電話番号を使うことが出来る

 

 

050Plusの音質や遅延のレベルを体感でレビュー

実際に使ってテストしました。

 

どのくらいの遅れがでるのか
音声品質はどのくらいか

 

 

テスト方法

  1. 固定電話から050Plusにかける (逆も)
  2. Smartalkから050Plusにかける
  3. 公衆電話から050Plusにかける
  4. フジパンの童話が聞ける電話番号にかけて音声を聞く

 

日時
3日に分けてテストを実施

 

使用した端末
windowsPC(050plusソフト)
Android端末に050Plusアプリを入れる
固定回線

 

 

固定電話<-->050Plus

まず自宅の固定回線から、050Plusをインストールしたスマホに掛けました。

 

家の中の隣同士の部屋でかけました。
ですので実際に壁を通して聞こえる声と、電話を通して聞こえる声が両方聞こえます。
遅延はだいたい0.2秒から1秒程度、そのときの状態によります。

 

遅れるときは、相手が話し始めるのと自分が話し始めるのが同時になったりすることがありました。

 

音質は、途切れが激しく時には途中でブチッと切れます。
良いときはかなり固定電話に近い音なのですがムラがあります。

 

050Plusから固定電話にかける

発信が固定電話でも050Plusでも特に差は感じません。
良いときは音ずれや途切れ切れにならずに話せますし、悪い時はブチブチです。

 

IP電話同士でかける

スマホは2台ありませんので、一方をPCアプリで、もう一方をスマホのアプリで話しました。
IP電話同士が一番悪いだろうと思っていましたが、そうでもありません。
ただ、両方の回線状態が悪くなったら切れるだろうと思います。(今回はきれませんでした)

 

 

公衆電話から050Plusにかけた場合

050Plus・Smartalk共に期待していたより音質が悪かったです。
そうすると気になるのが、テストしている固定回線が悪いのではないかという点です。
そこで、私が家でスマホをもって待機、家族に公衆電話から掛けてもらいました。

 

残念ながら1回目は着信せず、2回目つながりました。
留守電になったそうです。
2回目は、通話できましたが、やはり自宅の電話からかけたのと同じくらいでした。
2日に分けてテストしましたが、公衆電話でもいいときとつながりにくいときがありました。
固定電話には問題がないようです。

 

そこで回線の状況に見るためにpingで速度を見てみました。

 

IP電話、050Plusの音質

 

40ms(ミリ秒)と書いてある部分が応答速度です。
1秒ごとに計測していますが、早いときは30ms台遅いときは350msにもなっているのがわかります。

 

こんなに回線の混み具合が変動していたんですね。

 

固定電話は30ms以下の遅延、一般に150ms以内より早ければ、通話状態が良好といえます。
固定電話は30ms程度の遅延があるとされています。
スカイプは120ms程度
ラインは400ms程度

 

IP電話は品質によって3つの種類があり、
Aクラス 100ms以下 固定電話並み(一番品質がよい)
Bクラス 150ms以下 携帯電話並み
Cクラス 400ms以下 それ以下

 

ラジオのような電話で通話状態を確認

最後にラジオのように音声が聞ける電話サービス(フジパン)に電話をかけて、どのくらいの乱れがあるかチェックしてみます。

 

このフジパンのサービスは、仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・松山・広島・博多の8カ所があり電話をかけることで童話を聞くことができます。

 

電話の最初には音楽も流れますので、品質の劣化がよくわかります。

 

今回はこのうちの2つに掛けてみました。

 

2日間に分けて時間帯も午後・夜に分散してテストしましたが

 

呼び出し中にエラーになって切れる状態
かかったけど途中で断線した状態
音楽は割れるけれど人の声は聞こえる状態
音楽もかなりクリアに聞こえる状態
と実に様々でした。

 

 

050Plusは携帯電話の替わりになる?総合的な感想

 

結論は、やはり普通の携帯電話として使うのは厳しい

 

以前と比べIP電話の質が良くなったと言われていますが、やはりかける時によって、途切れ具合や音のずれがまちまち、というのがネックです。

 

これは050Plusに限ったことではなく、Smartalkも同じです。

 

音質・音ずれ・途切れともに固定回線や携帯の安定性とはほど遠いです。

 

特に気になるのは、音ずれすること、音が伝わる速度が変わるので自分の声と相手の声が頻繁に重なります。

 

しかしライン電話のレベルで気にならない方であればIP電話は問題なく使えます。
スカイプよりは悪くなることがあります。

 

結局格安SIMを契約

 

私は、自分の電話番号をなるべく安く持ちたかったので050サービスを試しました。
値段と音声品質、掛けられる番号の違いを何度も比較して迷いましたが、結局は090の携帯電話を契約することにしました。

 

考えてみれば、安いものには安いなりの理由があるものです。
もし携帯電話と同じ品質で、半額以下で使えるのであれば、誰もわざわざ高い携帯電話代など払いません。

 

友達同士の会話ならいいですが、携帯代が高いから050をメインで使いたいという方にはおすすめできません。

 

ただし大手キャリアの携帯は、月額最低でも4900円
5分までのかけ放題1700円+最小のデータ通信パック2900円 +SPモード 300円
4900円かかります。

 

050をメインにしようと思っていた人間ですので、さすがに5000円はきついです。

 

そこで、そこそこ安くて普通の携帯回線で電話できる格安SIMを契約することにしました。
キャリアと異なり、最低限自分が必要なデータサイズ、通話プランが選べるので、かなり安くできます。

 

最小のサイズでは、1GBで携帯通話可能なものが固定費月額1200円です。
この構成では、月に1GBまでデータ通信ができ、
090の携帯電話番号を取得でき
30秒20円~10円の通話代で音声品質を劣化されずに通話できます。

 

使った分だけ電話代がかかりますが、
5分までならかけ放題、
半額通話アプリ
などを使えば通話代は抑えられます。
※ただし通話品質は若干落ちます。(体感としてはIP電話の状態が良いときのような感じ)

 

 

アプリの使い勝手

 

050plusアプリ

 

全部の設定がアプリ内で行え、通話料金や明細も確認できます。

 

050Plusを使ってみたけど音質が悪すぎで格安SIMを契約した

 

留守番電話は、wav形式でメールに添付してもらう方法と、ダイヤルして伝言を聞く方法の2つがあります。

関連ページ

050IP電話はメインに使えるか
050番で始まるIP電話と普通の携帯電話の違いは、そしてIP電話はメイン使いできるのかという点について
IP-Phone Smartalkの音質
携帯電話番号を持っていなくて電話番号が欲しくなり、無料で使える050番Fusion IP-PhoneのSmartalkを実際に使ってみました。携帯電話の替わりになるのでしょうか
Smartalkを標準電話アプリに設定
IP-PhoneのIP電話は、Smartalkという専用アプリで使いますが、実はAndroidの標準アプリで使うこともできます。