家族4人でシェア!格安SIMに乗り換えるお得なプラン

家族4人でシェア!格安SIMに乗り換えるお得なプラン

シェアプランがある格安SIM回線は?

家族でスマホを揃って格安スマホに切り替える時、どの回線を選んだらいいのでしょうか。シェアプランがある4社を電話の安さや容量で比較してみましょう!

 

家族で乗り換え

 

DMM    20GBまで 家族3人まで 
ビッグローブ 12GBまで 家族5人まで 
IIJmio    10GBまで 家族5人まで
OCN      12GBまで 家族5人まで

のどれかになります。

 

ここからどうやって選べばいいでしょうか

 

 

通話が多い家族

 

まず家族との通話が多い方、電話料金を重視したい方は間違いなくIIJmioです。
というのは、この3社どれも通話パックが月額850円程度なのですが、IIJのみおふぉんだけ家族なら30分までの通話が何回でも無料になるからです。
DMMとビッグローブは家族でも5分までです。

 

IIJmioは最大5人まで電話番号をもってデータパックをシェアできるほか、全員がそれぞれMNPすること、他社へ転出することができます。10GBを5人まで

 

通話はそんなに・・でも量がいる

電話をそんなに重視しない、容量の多いものを分け合いたい場合は、
ビッグローブかOCNです。どちらも12GBを5人まで

 

ここは金額で比較しましょう。
ビッグローブは1人追加ごとに月額900円、OCNは月額1155円かかります。
こうやって見るとOCNに入るメリットがなそさうです。

 

しかし容量チャージの安さが異なります。
OCNは500M500円で100M100円ですが、
ビッグローブは100M300円

 

将来データが足りなくなりそうな方は、ちょっと基本料が高いですが、OCNを選んでおいた方が後々お得です。
さらにOCNには050plusというIP電話サービスがセットでついているので、多少質が悪くても安く家族と話したいという方にはよいのではないでしょうか。

 

 

人数が少ないけれどたくさん容量がいる

DMMは20GBという大容量パックがあるのですがシェアできるのが合計3人までです。
ですので、3人家族で乗り換えたい方、容量がたくさん必要な方はこちらにするといいでしょう。
ただしDMMは通話パックがなく、一律30秒10円なので、ちょこちょこ電話をかける家族は高くなってしまい向いていません。

 

未成年の子供にも格安スマホをもたせたい

ビッグローブとみおふぉん、DMMはシェアプランがあります。
契約者が20歳以上であれば、子供は容量をシェアすることで格安スマホを持たせられます。

 

 

シェアプランがあるドコモ回線の格安SIM

DMM    20GBまで 家族3人まで 通話パックなし
ビッグローブ 12GBまで 家族5人まで 通話パックあり
IIJmio    10GBまで 家族5人まで 通話パックあり
OCN      12GBまで 家族5人まで 通話パックあり

この会社なら契約者を親にすることで子供に格安スマホを与えることができます。

 

データパックは12GBで3400円程度
通話放題定額プランは1機種850円月ごと
超過分は30秒10円です。

 

 

ざっくりお得な選び方の例

家族間通話が多い家族の例
 

⇒ 30分まで無料通話できるIIJmioの10GBプラン!

 

データパック10GB +通話パック×4人分 +月額SIM料金= 合計金額 
  3000円    + 850円×4人   + 700円×4人 =9200円~

 

8400円+通話超過分10円30秒と端末を新しくするなら端末代も

 

容量が欲しい電話もしたい方

⇒5分間通話し放題+10GBデータパック+500M500円で追加チャージできるOCNモバイル

 

データ10GB +通話パック×4人分 +月額音声SIM +チャージ2GB= 合計金額 
  3000円 + 850円×4人   + 1100円×4人+2000円 =12800円
一人当たり3GB平均、3200円

 

電話はそんなにいらないとにかくネット容量が欲しい

⇒DMM20GBプランを3人でシェア
シェア用20GBプラン7280円+通話代のみ

 

※初期手数料や今入っている回線業者からのMNP転出料(1件3000円程度のことが多い)はかかります。

 

1人あたり2400円~+電話代(30秒10円)

 

もし20GBで足りなければ、1Gなんと480円でチャージ!!(繰り越し出来ないタイプ)

 

 

 

 

格安スマホを使えば年間20万円の節約も夢じゃない!

 

携帯を一人2300円~でもつことも夢ではありません。
そうすれば、7000円との差が4700円×3人×12ヶ月=16万9000円うきます
ぜひご自身の通信費を年間で計算して格安スマホと比べてみてくださいね!

 

中国製の端末などは1万円台前半で買えるので、もしソフトバンクやauなどで使えない端末であっても、やはり乗り換えた方がかなりスマホ代を節約できます。

関連ページ

初心者向け!乗り換えなしでドコモスマホの料金を安くする方法
電話をあまりしないのにカケホーダイがついてくる。データパックが大きすぎる。ドコモスマホの料金が高いから格安スマホにしてみたいけど機種変更はしたくない。 今のスマホのまま料金だけを安くできる!
見落とすと大変、格安スマホ8つの注意点
格安SIMや格安スマホへ乗換を検討中ですか?料金やプラン以外にもうっかり忘れると後悔する8つのポイントを紹介します。
国内通話5分定額サービス一覧
格安スマホでも通話が安くなってきています。5分以内の電話が無料になる定額パック、5分以内の電話がかけ放題になる格安SIM回線を5つ紹介
小学生・中学生の子供に格安スマホを持たせたい
子供にiPhoneや4万円もする端末はちょっと心配。しかし格安スマホはみんな成人でないと入れない!?中学生や小学生の子供に格安スマホを持たせる方法
家族間通話の30分定額プラン
スマホ代が高いのはわかってるけれどキャリアを解約できないのは通話が高くなるから。そう思っているあなたに家族間30分、誰でも5分無料の定額通話を紹介
端末補償サービスがある格安スマホ
スマホを自分で壊したときに新品や交換品に変えてくれる端末補償サービスがある格安スマホはどこなのか、月額いくらで自己負担は何円なのかなど紹介
中古のスマホ白ロムを購入
せっかく格安スマホにするなら、スマホ代も安くしましょう。格安スマホで使える中古スマホ「白ロム」が買えるところと注意点を紹介します。
乗換で不要機種を買取
格安スマホに乗り換えるとき要らなくなったauやソフトバンクのスマホを高額買い取り!少しでもスマートフォン所持にかかる費用を減らせる専門店を紹介します。
格安スマホ回線全リスト
格安スマホやSIMを契約できる回線業者を全部ピックアップ!要点をざっとチェックしてみましょう。