IP-Phone Smartalkの音質は?携帯電話の替わりになるか

IP-Phone Smartalkの音質は?携帯電話の替わりになるか

Smartalkで必要な基本料・通話料

Smartalkでかかる費用

 

smartalk

  • 月額基本料 0円
  • 初期費用  0円
  • 留守番電話・転送 0円

 

国内の固定電話 8円/30秒
国内の携帯電話 8円/30秒
Smartalk以外の050番 8円/30秒
国際電話    8円/30秒
ユーザ同士の通話 0円

 

留守番電話機能 無料

 

 

無料通話できる050番
050-5210-XXXX ~ 050-5249-XXXX
050-5250-XXXX ~ 050-5268-XXXX
050-5269-XXXX ~ 050-5285-XXXX
050-5286-XXXX ~ 050-5345-XXXX
050-5500-XXXX ~ 050-5539-XXXX
050-5570-XXXX ~ 050-5599-XXXX
050-5777-XXXX ~ 050-5899-XXXX
050-8000-XXXX ~ 050-8007-XXXX
050-8009-XXXX ~ 050-8014-XXXX
050-8016-XXXX
050-8019-XXXX ~ 050-8022-XXXX
050-8026-XXXX ~ 050-8027-XXXX
050-8030-XXXX ~ 050-8031-XXXX
050-8034-XXXX ~ 050-8038-XXXX
050-7788-XXXX

050-7770-XXXX ~ 050-7779-XXXX
050-7100-XXXX ~ 050-7129-XXXX
050-8800-XXXX ~ 050-8810-XXXX
050-8200-XXXX ~ 050-8203-XXXX
050-8008-XXXX
050-8015-XXXX
050-8017-XXXX ~ 050-8018-XXXX
050-8023-XXXX ~ 050-8025-XXXX
050-8028-XXXX ~ 050-8029-XXXX
050-8032-XXXX ~ 050-8033-XXXX
050-6619-XXXX ~ 050-6622-XXXX
050-8864-XXXX ~ 050-8866-XXXX

 

 

申し込み方法

申し込みに必要なものは、

  1. クレジットカード
  2. メールアドレス
  3. 住所

 

支払いはクレジットカードのみですので、クレジットカード必須です。
また登録時に住所とメールアドレスの入力が必要です。

 

電話番号は1人1回線以上契約できますが、1回線ずつクレジットカードが必要です。
別途手数料500円を支払えば、1枚のクレジットカードで複数契約できます。

 

使える端末

SmartalkはSIPアカウント情報(サーバアドレス・自分の電話番号)を入力できれば使えますので、Android、iPhoneなどのスマートフォン以外にも、Windows、Linuxでも使えます。

 

Windows zoiperなどのソフトで使える
Android アプリ名Smaltalk
iPhone アプリ名Smaltalk

 

 

 

Smartalkを一番に試してみた理由

 

050番サービスはいくつもありますが、私はこれを一番初めに使いました。
そのポイントは

  • 月額固定費がかからないこと
  • 携帯に8円/30秒でかけられること
  • 初期費用・解約手数料などが一切かからないこと

 

まず迷ったのが050PlusとIP-Phone(Smartalk)をどちらにするかでした。
初めて050を使う状態だったのでIP電話がどんなものなのか見当がつきません。
そんな中で、月額300円かかる050Plusに申し込むのには勇気が要りました。

 

Smartalkなら初めの100円分が無料になり、使った分だけ支払えばよいので安心でした。

 

 

050Plusと比べたデメリット

長期間通話していないと自動的に解約される
固定電話への通話料が高い

 

050Plusと比べたメリット

発信から着信までの時間が4秒程度短い
着信専用なら基本料金なし無料で使える
050Plusより若干途切れの確率が低い

 

ヘルプ(Q&A)の抜粋

12ヶ月利用していない場合自動的に解約される
電話番号は選べない
複数回線契約できる
110番、119番の緊急通話、3桁番号サービス、0120、0570、0990、0180などにはかけられない
留守番電話を無料で使える
解約は、マイページから(無料)
機種変更しても同じ電話番号を使うことが出来る

 

留守番電話
留守電が入った場合、【IP-Phone SMART】留守番電話サービス という件名で
メッセージお預かり通知というメールが来ます。
音声は、メール添付の他、マイページから確認できます。

 

必要な回線速度
必要な回線速度はコーデックごとにことなります。
iLBC 32kbps 4KB/1秒間の通話
G.711 128kbps 16KB/1秒間の通話
G.722 128kbps 16KB/1秒間の通話
Speex(8kHz) 25~50kbps 3.125KB~6.25KB/1秒間の通話
GSM 48kbps 6KB/1秒間の通話

 

 

 

Smartalkの音質・遅延を実際に体感で測ってみた

実際に使ってテストしました。

 

どのくらいの遅れがでるのか
音声品質はどのくらいか

 

 

テスト方法

  1. 固定電話からSmartalkにかける
  2. Smartalkから固定電話にかける
  3. Smartalkから050Plusにかける
  4. 公衆電話からSmartalkにかける
  5. 童話が聞ける電話番号にかけて音声を聞く

 

日時
3日に分けてテストを実施

 

使用した端末
PC(zoiper)
Android端末
固定回線

 

固定電話からSmartalkにかける

まず家の中で固定回線から、Smartalkをインストールしたスマホに掛けました。

 

家の中の隣の部屋ですが、0.5秒から1秒程度遅延します。
家族と通話テストしたのですが、実際の声がして0.5秒くらいの遅れがあります。
ですが、遅延のスピードにムラがあり、早く聞こえてくる時と遅いときが重なると、まるで宇宙との電話のような感じです。

 

音質は、途切れが激しくて途中で切れてしまうことが幾度かありました。
一方でかなり普通の電話に近い音質で掛けられた時もありました。
良いときはかなりよいのですが、非常にムラがあります。

 

Smartalkから固定電話にかける

何度か試しましたが、発信が固定電話でもSmartalkでも差はありませんでした。
(良いときはよく聞こえ、悪いときは切れる)

 

Smartalkから050Plusにかける

PCにSmartalkをセット、スマホに050PlusをセットしてIP電話どうしで通話してみました。
IP電話同士だとかなり音質が悪くなりそうですが、そうでもなく、固定電話と同じように時によって違うという結果でした。

 

公衆電話からSmartalkにかける

予想以上にIP電話が聞こえづらいのは、もしかすると自分の家にひいている固定回線がいけないのかもしれない、

 

そう思い、公衆電話から掛けてみることにしました。
駅にある公衆電話からかけたのですが、1回はかなりよく通話できました。
やはり自分の家の電話が良くなかったのであって、Smartalk自体は悪くない
そう思いました。

 

ところが、そのときはたまたま通信状態が良かっただけでした。
翌日別の公衆電話から掛けたところ、ガタガタに途切れました。
午後の4時でしたので、ネット回線はあまり混まない時間のはずです。

 

逆に前日は、夜でネット回線が混みそうな時間帯にもかかわらず良い音質で通話できました。

 

そこで、通信状態がどのくらいなのかを測るために、PINGという方法でレスポンス(応答時間)を確認。

 

そこで、数秒単位でよくなったり悪くなったりしている状態がわかりました。
その時のスクリーンショットがこちら
IP-Phone Smartalkの音質は?携帯電話の替わりになるか

 

こんなに回線の混み具合が変動していたんですね。

 

自動音声電話で品質を調査

人としゃべるとどうしても黙ったりしゃべったりの繰り返しでどのくらい途切れているのかわかりません。
「あー」と10秒くらい出し続けると途切れ具合がわかりますが、それも限界があります。

 

そこで、なんとか続けて相手の音を聞けないか?
そう思って思いついたのが、電話をかけると童話を聞けるサービスです。
フジパンが提供しているサービスで電話料金だけで週替わりの童話が聞けるというものです。
ここに掛ければ、音声がずっと流れるのでどのくらい電話が途切れているか、音声品質がどのくらいなのかを客観的にテストできるのではと思いました。

 

 

このフジパンの童話サービスは、8地域の拠点があります。
仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・松山・広島・博多
今回はこのうちの2つに掛けてみました。

 

2日間に渡り、1日あたり5回以上かけましたが、
通話状態にもならなかった時(呼び出し中に切れてしまう)
通話できたが、ブチブチ途切れるとき
かなりよく聞こえるとき
と様々でした。

 

時間帯も午後・夜に分散してかけました。

 

Smartalkの総合的な感想

 

まずは結論から、 携帯電話の替わりにはなりません!

 

やはり、通話品質がその時々によって違うというのがネックでした。

 

1日目は050Plusと比べると途切れる確率が少ないと感じましたが、翌日のテストではひどく途切れてしまい、この2つの業者では差は遅延についいては差が無いと感じました。
(pingで計測しても同じような結果が出ています)
ただ音質はSmartalkのほうがよいです。

 

 

050plusのような月額基本料がかからないので、受信専用にすればただで使えますが、やはり一定確率で電話が途中で切れますので、親しい友人との会話用程度には使えるかと思います。

 

 

Smartalkをメインにはできなかった
私は、IP電話が携帯の替わりになると思っていましたが、今回かなりテストしてみてIP電話は090番の替わりにはならないと思いました。

 

まあ当然といえば当然です。
もし通話料の安いIP電話が携帯と同じ通話レベルなら、携帯に加入する人はいなくなりますよね・・

 

私はIP電話を携帯電話の替わりにしようと思っていましたが、結局携帯を契約しました。
⇒格安SIMを契約した件

 

格安SIMには半額通話アプリといってアプリを通して電話すると半額になるサービスがついているものが多いです。

 

ただこれもなかなくのくせ者です。
どこの回線業者も普通の電話回線を使用しているので品質は落ちない、と書いてしますが、実際に通話してみると、IP電話ほどではありませんが、明らかに音質が悪いです。

 

まあ半額になるのですから仕方ないですね。
音質と料金はトレードオフです。
ですので大事な電話はアプリを通さず直接通話、家族や友人と話すときは半額アプリを使ってかけるという感じ煮なると思います。

 

 

 

 

電話アプリの使いやすさ

 

ipphone smaltalkアプリ

 

電話アプリはかなり使いやすいほうだとおもいます。
ただ050Plusと比べるとアプリ内で全部設定できないというデメリットがあります。
一方SmartalkはアプリなしでもAndroid標準アプリでサーバーと自分の番号さえ設定すれば使えてしまうという柔軟性があるように思えます。

関連ページ

050IP電話はメインに使えるか
050番で始まるIP電話と普通の携帯電話の違いは、そしてIP電話はメイン使いできるのかという点について
050Plusの音質
携帯番号を持っていないのですが自分専用の電話番号が欲しくなり、月額300円で使える050番サービス050Plusを契約してみました。携帯電話の替わりになるのでしょうか?
Smartalkを標準電話アプリに設定
IP-PhoneのIP電話は、Smartalkという専用アプリで使いますが、実はAndroidの標準アプリで使うこともできます。