家族でドコモのスマホを使っているけれど、料金が高くて困る


 

 

あんまりデータ通信や通話しないのに、定額取られてしまってもったいない


 

 

格安スマホは興味があるけれど、通話が高いと聞いているので乗り換えをためらってしまう


 

 

格安SIMにすることで今のスマホのままで月々の料金が大幅に安くなる可能性があります。
そして最近格安スマホも通話料を割引するサービスも充実してきました。
ひと月135分(2時間)以上通話しないなら、通話料が安くなるプランも
大容量プランを家族でシェアするととてもお得!

 

 

(例)1人で乗り換える時
1人なら

 

4人なら

 

ドコモの利用金体系
ドコモの最低料金は(通話1700+ネット300+データパックS 3500)=5500円以上です。
プランを見直してもこれ以上節約することはできません。
初心者向け!乗り換えなしでドコモスマホの料金を安くする方法  初心者向け!乗り換えなしでドコモスマホの料金を安くする方法

 

 

 

 

格安スマホ・格安SIMの質問と答え一覧


0.ざっくり容量(GB)ごとの月額料金はどのくらい?


各社のプランによって異なりますが、だいたいこの図のような感じです。

 

 

プラン 通話できる 通話なし
1GB 1300円 600円
2GB 1500円 800円
3GB 1600円 900円
5GB 1900円 1300円
8GB 2800円 2200円
10GB 2900円 2300円

 

 

1.格安スマホに乗り換えるのは?

 

格安スマホに乗り換えるという選択肢もありますが、新しい端末を買い直さないといけません
格安スマホは選べる機種が限られていますし、機種代がかさみます。

 

ドコモのスマホを持っているなら端末を買い直さなくても大丈夫です。 今使っている機種をそのままで通信料だけ下げることができます。

 

 

2.どうしてスマホを買い換えなくていいの?SIMロックは?


多くの格安SIM会社がドコモの回線を使っています。
SIMロックは同じ回線なら関係ありません。

 

ドコモの回線を使っているSIMで実質SIMフリーと同じ状態です。
そのためこのサイトでは、ドコモの回線を使っているSIM会社を紹介しています。

 

 

3.どんな回線に乗り換えられるの?

 

回線を提供する会社が格安SIM会社です。

 

たくさんの会社があり、いくつかの速度や料金プランを用意しています。

 

このページでは、使いやすさなどで定評のある会社を6つ紹介しています。
自分に合ったプランを選べば、今使っているスマホでそのまま通信料金だけを引き下げることができます。

 

 

 

4.どうして格安SIM会社は安いの?

 

いくつか理由はあるのですが、

 

通話料金が込みでないことです。(その代わりかけた分だけ請求されます。)
②サービスの省略があります。格安SIM会社は店舗をもっていない場合が多いです。
また機体補償も無い場合がほとんどです。

 

キャリア(ドコモなど)から回線を借りているということです。
そのため多くのユーザで限られた回線を使うため、夜などはキャリアと比べて速度が低下する場合が多いです。

 

 

5.格安SIMは難しそうなんですが・・・


格安SIMは難しいと思っている方も多いですが、それほど難しくはありません。
対応端末は下に載せているページで簡単に調べられます。
SIMカードの設定はどの会社もページを設けているので見ながら設定できます。
ドコモユーザは機種選びの必要が無いので、回線のSIM会社を選ぶだけです。

 

 

6.乗り換え手続きが面倒です・・


契約する時少し面倒でも毎月3000円安くなれば、一人当たり年間4万円安くなります。

 

特に通話もデータ通信も使わない方や、逆にバリバリ使って毎月容量が足りなくなる方には多少面倒でもおすすめできます。

 

 

7.格安SIMにすれば必ず安くなるか不安です

 

格安SIMの料金は、基本的には
①契約容量(GB)ごとの月額料金と、
②かけた分だけかかる通話代です。

(もちろん容量チャージをしたりすれば、別に料金がかかりますが)

 

ですので、自分のいつもの通話時間と通信量がわかれば、料金が安くなるか、正確にわかります。

 

通話代はBIGLOBEでんわやDMMモバイル、IIJmioのみおふぉんなどの半額通話アプリを使うと20円/分になりますので、通話時間×20円/分で計算してみましょう。

 

これが2700円(パケホーダイ)を超えていれば、格安SIMに乗り換えると逆に料金が上がってしまう場合が多いです。

 

 

 

8.通信速度が速い格安SIMはどれですか?


速度は一般に遅くなることが多いですが、どこが速いというのは断言できません。
というのは現在格安SIM会社の通信速度は安定しておらず、今速い会社でも数ヶ月後に遅くなることもありますし、その逆もあるからです。

 

 

9.おすすめの格安SIMは?


使う量や、求める速度、家族で乗り換えるかなどによって最適な会社が異なります。
下の方にケース別のおすすめ会社を載せています。

 

 

 

格安SIMをおすすめできない方

通話を月あたり120分以上する方

(通話アプリや家族割引を使わなければ20円/30秒かかります)ただし、半額通話アプリを使える格安SIMなら半額になります。(→詳しくはこちら)

 

今の通信速度より遅くなると困る方

(格安SIMは速度は低下する場合が多いです)

 

docomoのメールを使いたい方

 

本体を一年で何回もなくしたり、壊してしまう方

本体の補償サービスがありませんので自己負担で購入する必要があります。)

 

手厚い電話サポートやショップでのサポートが必要な方

iDを使いたい方(Suica nanaco Edy WAONは使えます

 

 

乗り換える時の注意点


乗り換えに多少の時間がかかる 数時間でもスマホが使えなくなると困る方はすぐに開通する会社(BIGLOBEかIIJみおふぉん)を選ぶ必要があります。
今までたまっていたポイントが失効します。
・音声電話ができる契約は6ヶ月から12ヶ月程度のゆるい縛り(違約金)があります。この時期を過ぎれば、違約金はありません。
データの繰り越しはできる会社とできない会社があります。 (このページではNifMo以外は繰り越しできます)
契約容量を超えたら速度が遅くなります(200kbps) 必要に応じてチャージもできます

 

 

格安SIMに変える時にかかる初期費用

  • 電話番号を引き継ぐ場合はが5000円ほど(MNP転出料)
  • SIMカード発行料1枚当たり3000円ほど
  • その他事務手数料が3000円ほど
  • ドコモと契約して2年目、4年目などぴったりでない場合は違約金9500円程度(二年縛り)
  • 機種代分割が終わっていない方はその分も請求されます

 

 

格安SIMと契約プラン選び方のポイント


・現在自分が使っている容量、通話時間を確かめる
・家族での乗り換えを検討している場合は、ファミリーパックがある会社を選ぶ

 

 

料金プランは大きく分けて、

 

  • 通話できるプラン(電話が必要な方)
  • SMS付きのプラン(Lineなどをする方)
  • データ専用プラン(電話番号がなくなっても良い方、データ通信だけになります)

 

通話が全く不要で、電話番号がなくなっても良い方以外は、

 

基本的に通話プランを選びましょう。
わからなかったり迷ったりしたら、通話プランが無難です。

 

 

乗り換え手順一覧

 

①容量プラン、家族シェアなどの考慮し、契約したい会社を選びます

 

②会社のホームページで、自分の端末が使えるか確認し、SIMカードサイズも確認します
③電話番号の引き継ぎサービス(MNP)を申し込みます(通話が要らないなら不要)
   申し込みは
   携帯から151番  
   電話なら0120-800-000 

 

ネットからならMy Docomo(24時間受付)
④Web上から格安SIM会社にプランを申し込みます(近くにビックカメラなどがあれば、そこからでもできます)
⑤Web上で申し込んだ場合、数日後にSIMカードが送られてきます。
⑥SIMカードをスマホに挿入し設定します。
⑦通信できることを確認して、ドコモを解約します。

 

 

格安SIM会社一覧(au系など除く)

 

IIJみおふぉん、OCNもばいる、DMMモバイル、BIGLOBE、NifMoなどが大手です。

 

料金プラン
会社名 契約プラン(GB) 月額料金(通話あり) 月額料金(通話なし)
IIJ 3、5、10GB 1600、2200、3260円 900、1520、2560円
OCN 3、5GB 1950、2300、2700円 1200、1600、2000円
DMM 1、2、3、5、7、8、10、15、20GB 1260~6790円 630円~6090円
BIGLOBE 1、3、6、12G 1400、1600、2150、3400円 -、900、1450、2700円
NifMo 3、5、10G 1600、2300、3500円 900、1600、2800円
DTI SIM 1、3、5、使い放題 1200、1490、1920、2900円 600、840、1220、2200円

 

 

 

 

機能
会社名 容量チャージ データ繰り越し 3日間通信規制これ以上使うと規制がかかる 開通するまでの時間 口座振替
IIJ ○3ヶ月間 ○翌月 366M以上 数時間 クレジットのみ
OCN ○3ヶ月間 ○翌月 - 数日 クレジットのみ
DMM ○翌月 366M以上 5日 クレジットのみ
BIGLOBE ○翌月 500-(プランによる) 以上 ほぼゼロ クレジットのみ
NifMo ○当月のみ ○翌月 500M-(プランによる) 以上 2-3日 クレジットのみ
DTI SIM ○繰り越しできる ○翌月 1GB以上で制限がかかる 最短2時間 クレジットのみ

 

 

 

違約金や通話アプリ
会社名 音声通話の最低契約月数 違約金 通話の割引アプリ
IIJ 12ヶ月 12000~0円 家族電話16円/30秒
OCN 6ヶ月 8000円 050番アプリ
DMM 12ヶ月 9000円 なし
BIGLOBE 12ヶ月 8000円 半額や定額サービスあり
NifMo 6ヶ月 8000円 なし
DTI SIM 12ヶ月 9800円 1回5分以内の通話が無料

 

 

家族とのシェアプラン
家族とのシェアプラン 契約プラン(GB) 月額料金 家族でシェア
IIJ   月あたり一人につき756円加算 3人まで(10GBプランのみ)
OCN   月あたり一人につき450円加算 5枚
DMM 8,10,15,20G 4200-8190円の別体系 3人まで
BIGLOBE   月あたり一人につき900円加算 5人まで(6、12GBプランのみ)
NifMo     なし
DTI SIM     なし

 

 

 

ケースごとのおすすめの格安SIM会社

 

 

この比較一覧は、実効速度抜きで選んだ場合です。

 

格安SIM会社は、会社によっても速度がかなりちがいますし、同じ会社でも時期によって変わります

 

どの会社が遅くなるかは、なかなか予測しにくいです。
しかし、割安のプランは、今後必然的に利用者が増え、遅くなる可能性があります。

 

 

速度をどうしても落としたくない場合は、格安SIMには乗り換えないのが無難です。
格安SIMにしたいけれど速度も重視する場合はau系の会社がおすすめです。
ただし、au系の会社にする場合は、SIMロックを解除する必要があります。

 

 

速度重視なら、3日間の容量制限などがあるプランが無難です
容量無制限プランは、みんなバリバリ使うので遅くなりおすすめできません。

 

(容量制限がないということは、他のユーザも無制限に使っていて、回線が混み合う可能性が高いということです。)

 

 

支払いや不通期間で選ぶ

ケース:クレジットカードがありません

残念ながら、格安SIMには乗り換えられません。

 

 

ケース: 「スマホが使えない期間があると困る」

DTIならSIMカードが到着した後に開通手続きができるので、使えなくなる時間は2時間程度です。
BIGLOBEならSIMカードが家に届いてから電波の切り替えができるので不通期間はほぽゼロです。
IIJみおふぉんは不通の時間が数時間程度です。
DTIの格安SIMについて
BIGLOBEの格安SIMプランについて
IIJみおふぉんの格安SIMプランについて

 

 

使い方別: 1人の場合

 

ケース: 「通話もデータ通信もあまりしないので、とにかく最低プランで安くしたい」、
という方にはDMMモバイルの1GBプランがおすすめです。通話ありで月額1260円から可能です。
DMMモバイルのプランについてはこちら

 

ケース: 「データ通信をばりばり使いたい」

という方は、IIJみおふぉんの10GBプランや、DMMモバイルの10~20GBプランがおすすめです。
DMMモバイルのプランについてはこちら
IIJみおふぉんの格安SIMプランについて

 

最近スタートした、DTIのインターネット使い放題プランは、電話も使い放題なので特におすすめです。
(電話使い放題=1回5分以内の電話)
DTIの格安SIMについて

 

 

ケース: 「電話を多めに使いたい」

 

アプリが不要な格安電話
DTIは、通話アプリなどが不要で、1回5分以内の電話が何度でもかけられる、かけ放題プランがあります。
月額780円で加入でき、1回5分以内なら何度でも無料です。
5分以上かけた場合は30秒20円の通話料がかかります。

 

DTIのSIMの詳細はこちらのページ

 

アプリが必要な格安電話
普通の回線で通話料を半額にできるアプリがある格安SIMは

  • IIJみおふぉん
  • BIGLOBEでんわ
  • DMMモバイル

これらでは誰とでも通話が半額。(30秒で10円)

 

IIJみおふぉんには半額通話アプリがあり、10円/30秒で誰にでも、普通の電話と同じようにかけられます。それに加え、家族は60%引きでかけることができます。

 

BIGLOBEは別途650円の申し込みで60分=650円で使える通話パック650があります。

 

DMMモバイルのプランについてはこちら
IIJみおふぉんの格安SIMプランについて
BIGLOBEのプランについてはこちら

 

 

 

使い方別: 家族とシェアする場合

 

家族で乗り換えて容量をシェアしたい方は

  • IIJみおふぉんの10GBプラン
  • BIGLOBEの12GB

が割安でおすすめです。

 

 

・IIJは10GBプランのみ、合計3人まで可能。一人追加ごとに+700円月額料金が必要です。電話番号もそれぞれ引き継げます。(家族電話は最大60%引き)

 

・BIGLOBEは合計5人まで。一人追加ごとに+900円月額料金が必要です。全員がもとの電話番号を引き継げます。

 

・OCNも5人まで可能ですが、3、5GBプランしかないので、さすがに容量が不足かもしれません。

 

・DMMは3人までですが、料金体系が別で少し割高になります。

 

家族でシェアする場合の価格&プラン例はこちら

 

 

格安SIM会社の公式ページ

 

ビッグローブの格安SIM

 

BIGLOBEサイト

 

Biglobeの格安SIM公式ページはこちら

 

 

 

DMMモバイルの格安SIM

 

DMMの格安SIM

 

DMM mobileの格安SIMの公式サイトはこちら

 

 

Nifmoの公式サイト

 

NifMoのプラン

 

Nifmoの格安SIMの公式サイトはこちら

 

DTISIMの公式サイト

 

DTIの格安SIM

 

DTI SIMの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

関連ページ

見落とすと大変、格安スマホ8つの注意点
格安SIMや格安スマホへ乗換を検討中ですか?料金やプラン以外にもうっかり忘れると後悔する8つのポイントを紹介します。
国内通話5分定額サービス一覧
格安スマホでも通話が安くなってきています。5分以内の電話が無料になる定額パック、5分以内の電話がかけ放題になる格安SIM回線を5つ紹介
小学生・中学生の子供に格安スマホを持たせたい
子供にiPhoneや4万円もする端末はちょっと心配。しかし格安スマホはみんな成人でないと入れない!?中学生や小学生の子供に格安スマホを持たせる方法
家族間通話の30分定額プラン
スマホ代が高いのはわかってるけれどキャリアを解約できないのは通話が高くなるから。そう思っているあなたに家族間30分、誰でも5分無料の定額通話を紹介
シェアプラン家族で格安スマホ
家族でスマホを揃って格安スマホに切り替える時、どの回線を選んだらいいのでしょうか。シェアプランがある4社を電話の安さや容量で比較してみましょう!
端末補償サービスがある格安スマホ
スマホを自分で壊したときに新品や交換品に変えてくれる端末補償サービスがある格安スマホはどこなのか、月額いくらで自己負担は何円なのかなど紹介
中古のスマホ白ロムを購入
せっかく格安スマホにするなら、スマホ代も安くしましょう。格安スマホで使える中古スマホ「白ロム」が買えるところと注意点を紹介します。
乗換で不要機種を買取
格安スマホに乗り換えるとき要らなくなったauやソフトバンクのスマホを高額買い取り!少しでもスマートフォン所持にかかる費用を減らせる専門店を紹介します。
格安スマホ回線全リスト
格安スマホやSIMを契約できる回線業者を全部ピックアップ!要点をざっとチェックしてみましょう。