格安スマホを契約するとき見落とすと大変な8つの注意点

格安スマホを契約するとき見落とすと大変な8つの注意点

格安スマホを契約するときの注意点

見落としがちなポイント

 

  • 電話料金がいくらになるか
  • 解約時の違約金はいくらか、何ヶ月の縛りがあるのか
  • 余ったデータが繰り越しができるのか
  • 容量追加はいくらなのか

 

というポイントは乗り換えを考えている方は気をつけていると思いますが、
見落としがちで大事なポイントがあります。

 

それは

  • 電話アプリが使いやすいか
  • 通話パックの超過分(5分を超えたらいくらかかるか)は何円で話せるのか
  • 電池が外せない機種ではないか
  • 将来他社に乗り換える時のMNP転出料が高くないか

などの点

 

また
これまでにスマホや携帯を割ったり壊したりした方は、端末補償があるかどうかも大切なポイントです。

 

一つずつ見ていきましょう

 

電話料金がいくらかかるのか

格安SIMでも5分カケホーダイの通話パックに入るものがあります。
ここで見落としやすいのが、5分間を超えたとき、30秒あたりいくらかかるのかという点。
これが普通の「30秒で20円」だと5分を超えたとき通話代がかさみます。
長電話はほとんどしないという方なら無視してもいいですが、できれば無料通話時間を超えたときの料金が30秒10円のものを選びましょう。

 

通話アプリが使いにくい

ポイントは
今使っている電話帳がそのまま使えるのか
1件ずつ手入力しないといけないのか、
電話番号表示の時名前が出てくるのか
アプリの使い勝手はGooglePlayAppStoreで見れるので一度は見ておいたほうがいいでしょう。
アプリのできが悪いと本当に通話のたびにストレスを感じます。

 

アプリはSIM乗り換え前でもインストールできるもの(起動できる)が多いです。
また30秒10円の通話をメインに使いたい方であれば、いざとなれば他の(契約したSIM回線以外の)アプリも使えるのであまり気にする必要はないでしょう。

 

解約時の違約金と縛り

格安スマホも音声プラン(090番号がもてる)は縛りがあります。
ほとんどの回線は12ヶ月です。
縛りより前に解約しようとすると、8000円から12000円の違約金が発生します。
12ヶ月以上のところはありません。
6ヶ月の所が1つだけあります。

 

違約金不要と書いてあるところ

また違約金不要と書いてあるところも注意が必要です。
違約金不要のところは確かに違約金という名目では取らないのですが、MNP転出料を高く設定しています。

 

つまり違約金がなくても2ヶ月目で他社に乗り換えようとしたらMNP転出料(電話を引き継ぎたい方)が10000円もかかってしまうことになるからです。

 

具体的に「違約金」がかからないのは、フリーテルとマイネオですが、(12-加入した月)×1000円程度でMNP転出料がかかります。
(例:2ヶ月目で解約したら、12000-2000=10000円、8ヶ月目で解約したら、12000-8000=4000円)

 

余ったデータを繰り越しできるのか

一番安いプランに飛びついたら容量を翌月まで繰り越しできない仕様だった、そんなことになるかもしれません。
このサイトはフリーテルが唯一繰り越しができない回線業者です。その替わり月額料も一番安いです。
データ通信を取っておきたい方は、繰り越しができるかどうかチェックしておきましょう。

 

容量追加がいくらなのかorプラン変更可能

今までキャリア回線でなんとなくデータパックをSやMやLにしていたという方は、格安スマホに乗り換えて容量が足りなくなったということが起きるかもしれません。
①そんなときのために契約した容量プランを変更できるのか
②高速データ通信が追加(チャージ)できるのか
チャージは安いのか高いのか
という点もチェックポイントです。

 

電池が外せない機種

バッテリーがへたってしまったら電池交換が必要になります。
外せるタイプのバッテリは2000円程度ですが、本体と一体型のは安くて6000円程度の交換費用がかかります。
使い方にもよりますが、2年程度はもちますので、買い換えを予定している方は、一体型でもよいですし、もっと長く使いたい方は電池が取り外しできる機種のほうが安上がりです。(ただ機種は限られてきますが)

 

 

端末補償がつけられるか

最近では、格安スマホでも端末補償オプションがつけられるところが増えています。
スマホの修理が必要になる方は、10人に1人と言われていて決して人ごとではありません。
端末を落としてガラスを割ってしまったとき、水に濡らしてしまった時など、使えなくなったときに修理したり、交換品と交換してくれるところもあります。不安な方は、端末安心パックや端末交換があるところを選んで加入しておきましょう。

関連ページ

初心者向け!乗り換えなしでドコモスマホの料金を安くする方法
電話をあまりしないのにカケホーダイがついてくる。データパックが大きすぎる。ドコモスマホの料金が高いから格安スマホにしてみたいけど機種変更はしたくない。 今のスマホのまま料金だけを安くできる!
国内通話5分定額サービス一覧
格安スマホでも通話が安くなってきています。5分以内の電話が無料になる定額パック、5分以内の電話がかけ放題になる格安SIM回線を5つ紹介
小学生・中学生の子供に格安スマホを持たせたい
子供にiPhoneや4万円もする端末はちょっと心配。しかし格安スマホはみんな成人でないと入れない!?中学生や小学生の子供に格安スマホを持たせる方法
家族間通話の30分定額プラン
スマホ代が高いのはわかってるけれどキャリアを解約できないのは通話が高くなるから。そう思っているあなたに家族間30分、誰でも5分無料の定額通話を紹介
シェアプラン家族で格安スマホ
家族でスマホを揃って格安スマホに切り替える時、どの回線を選んだらいいのでしょうか。シェアプランがある4社を電話の安さや容量で比較してみましょう!
端末補償サービスがある格安スマホ
スマホを自分で壊したときに新品や交換品に変えてくれる端末補償サービスがある格安スマホはどこなのか、月額いくらで自己負担は何円なのかなど紹介
中古のスマホ白ロムを購入
せっかく格安スマホにするなら、スマホ代も安くしましょう。格安スマホで使える中古スマホ「白ロム」が買えるところと注意点を紹介します。
乗換で不要機種を買取
格安スマホに乗り換えるとき要らなくなったauやソフトバンクのスマホを高額買い取り!少しでもスマートフォン所持にかかる費用を減らせる専門店を紹介します。
格安スマホ回線全リスト
格安スマホやSIMを契約できる回線業者を全部ピックアップ!要点をざっとチェックしてみましょう。